法律事務所に任せるのが安心なのです

務を減らすことが不可欠です

クレジットやサラ金などから借金を重ねて債務が膨らんでしまったような場合には、生活を立て直すためにも債務整理を行って、債務を減らすことが不可欠です。
この債務整理の方法にはいくつか種類がありますが、いきなり自己破産といった手段を用いてしまうと、債務はすべてなくなるものの、数年間はブラックリストに載って新たな借り入れも難しくなるなど、社会生活上の不都合が大きくなります。

 

もし収入がある程度はあって、長期的な返済の可能性があるのであれば、返済期間や毎月の返済額などを債権者との話し合いにより解決する任意整理の手段を用いるのが有効です。

 

その際、法律事務所に相談すれば、過去に違法な高金利による借り入れがなかったかどうかを確認し、改めて法律上の上限金利にあわせて借金を計算し直して、返済し過ぎた金利分を残りの借金から差し引いたり、逆に債権者から返還してもらうといった任意請求を依頼することも可能です。

 

現在、利息制限法という法律では、元金が10万円を超え100万円未満の場合の上限金利を18%と定めていますので、過去にこれを超えた金利で契約を結び借り入れをしていたのであれば、任意請求で借金が減額になる可能性が高いといえます。

 

法律事務所に任意請求を依頼すれば、後は本人を介することなく、法律事務所と債権者との間で交渉が始まりますので、不意に相手が取り立てに訪れる心配もなく安心です。