年率18%以上の利息の場合は対象となる可能性が高い

借入を行った際に年率が高ければ高いほど対象となる

任意請求とは支払い過ぎてしまった利息を返還してもらう方法となりますので、借入を行った際に年率が高ければ高いほど対象となる可能性が高まります。現在では消費者金融の上限金利が貸金業法の改正によって18%にとなっていますので、それ以上の金利は違法な金利となるのです。

 

貸金業法の改正前は、罰則規定がないことから利息制限法と出資法の間の金利で融資が行われていたため、20%台後半の高い金利で融資が行われていたのです。いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものですが、この間に借入を行った融資に関しては任意請求によって払い過ぎた利息を返還してもらうことが可能です。

 

現在では18%を超える年率での融資は行われていませんが、一部の闇金融では依然として法外な金利で融資を行っているケースがあります。

 

任意請求の対象となる融資は、現在では貸金業登録をしている金融業者では行っていないため、改正前に18%を超える融資を利用していた人は時効になる前に任意請求を行ってみることが大切です。

 

債務者が直接請求を行っても金融業者は相手にしてくれませんので、弁護士や行政書士といった法律の専門家に依頼して任意請求を行うのが良い方法となります。