計算方法について

支払いすぎた利息分を返還する法律的な手段

消費者金融などの貸金業者からお金の融資を受けた場合に、支払いすぎた利息分を返還する法律的な手段として任意請求があります。
現在の金融業者が融資事業を行う際には利息制限法という法律に基づいて行われており、設定されている上限金利は借り入れる元金が10万円未満の場合は年率で20%まで、元金が10万円以上から100万円未満であれば年率で18%まで、元金が100万円以上の借り入れの場合では年率で15%まで金利を付けることが認められています。

 

しかし、2010年までは利息制限法の他に出資法と言う法律があり、その法律に基づけば年率で29.2%までの貸し付けを行える状態でしたので、利息制限法で認められていない20%から29.2%までの金利のことをグレーゾーン金利と言い罰則はありませんでした。

 

現在ではグレーゾーン金利が成立していたときに支払った金額から、利息制限法に基づいた支払い金額分に差し引いた計算方法によって出された金額が本来の支払うべき額となっていますので、

 

払いすぎた部分を任意請求の方法で取り戻すことが可能となっています。

 

取り戻す方法としては弁護士などに依頼をして、貸金業者に任意請求の交渉をしてもらうことでお金が返ってきます。