クレジットカードも対象

借金の返済が困難となった場合に改善するための方法

債務整理は、借金の返済が困難となった場合に改善するための方法です。債務整理の中で最も多くの人が選択しているのが任意整理で、裁判所を通さずに業者と直接交渉を行い有利な条件に契約内容を変えてもらった上で、返済額を減らすというのが基本的な内容です。自己破産の様に、保有している財産を手放す必要が無い上に、資格制限というペナルティーが課せられる事もありません。

 

引き直し計算という利息制限法に基づいた計算を行い返済総額を決定するのですが、場合によっては返済する必要がなくなるケースも存在します。2010年以前から貸金業者を利用している場合は、本来であれば支払う必要がなかった利息を返済しているからです。利息制限法の上限金利を超えた利息で支払った金額は、過払い金として業者に対して返還請求を行う事が出来ます。

 

貸金業者には消費者金融だけではなくクレジットカード会社も含まれているので、個人向けカードローンだけではなくクレジットカードの支払いに対しても過払い金が発生している可能性があります。つまり、任意請求はクレジットカード会社に対しても行う事が出来るという事になります。任意請求の手続きや請求できる金額の計算については、弁護士等の法律の専門家への相談が有効な方法です。